HOME > 製品とサービス > AR(Augmented Reality)
ARとは

現在デジタル技術は日々進化を続けており、デジタル技術の有効的な活用は今までにない新しい製品を作っていく上でかかせません。
デジタル技術の中で現在積極的に活用されている代表的なものにAR(Augmented Reality)があります。ARとは、拡張現実という意味で、現実の風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示させることで、目の前にある世界を仮想的に拡張するというものです。
これにより、紙媒体だけでは伝わりにくかった情報を、より直感的に伝えることが可能になりました。
印刷物に新たな価値をプラス

たとえば、カタログの写真にスマートフォンをかざすとその写真から商品の使い方を伝える動画が再生されたり、色違いの商品を画像で表示させることができます。また公式ホームページに誘導する、スタンプラリーに利用するなど、アイデア次第でこれまでにない印刷物が作れます。
ARをマーケティングにも

当社が導入しているARアプリ「COCOAR2」では、ユーザーの閲覧履歴(アクセスログ)が取得できます。閲覧された回数、日時などのデータはマーケティングの資料として活用可能です。
その他、プッシュ通知機能を利用することで、一度ARを閲覧したユーザーに対して追加情報をダイレクトに送信することができます。
インパクトを与えるAR

ARでは情報を伝えるということだけが目的ではありません。ARは見る人に対してインパクトを与えるという点でも優れており、話題性も充分です。