HOME >製品とサービス >GISエリアマーケティング
チラシやDMを多く作っても、見て欲しいお客様やターゲットに届かなければ、その労力やコストも無駄になってしまいます。佐伯印刷のGISエリアマーケティングは、潜在的な顧客を発見し、より効果的な販促支援をご提案します。
ターゲットを絞って効果的な営業戦略
制作したチラシやDMを、もっと見ていただきたいお客様にヒットするように、効果的に発送したいと思いませんか?
佐伯印刷のエリアマーケティングでは、ターゲットの多い地域を重点的に絞り込み、さらに狙い定めた効果的な営業戦略を練ることができます。
チラシやDMの発送箇所を具体的に把握
統計データ
人口や世界関連データ(国勢調査など)をもとに、地図データで色分けをされたエリアごとの結果を表計算ソフトにて集計します。設定した条件でのランキングやエリアごとの比率などをもとに、チラシやDMの配達箇所数などが把握でき、よりターゲットを絞った効果的な戦略を練ることができます。
潜在的購買力に応じたマーケティング
所得データ
総務省の住宅・土地統計調査から得られる年間収入ランク別世帯数などをもとに、高所得者層、中所得者層など年収階級ごとのターゲットや商圏の分析ができ、各エリアがもつ潜在購買余力に応じた的確なマーケティングが可能になります。
お客様満足度を向上させるために
顧客データ
購買履歴をはじめ、アンケートやイベント企画によって収集した個人情報(郵便番号、住所、氏名、年齢等)をもとに、定期的な情報発信やターゲットとするお客様に応じたサービスを提供することができます。

ケーススタディ

【メーカーA社の場合】

GISの分析を行なう前に、まずお客様の課題について専門スタッフがヒアリングをさせていただきます。

STEP1 課題のヒアリング
メーカーA社様は、地元における自社製品のシェア拡大を計画されていました。長年の経験による予測ばかりでなく、より具体的な数値をもとにした販売促進を求めていらっしゃいます。

STEP2 GISによる分析
そこで、対象商品に対するターゲット条件を設定しました。ベースとなる白地図データに、設定した条件を重ね、アプローチエリアの絞込みを行ないます。


STEP3 対策と検証
ターゲットとなるお客様を獲得するため、レスポンス(反応)が見込める効果的な紙面デザインやキャッチコピーを開発しDMやチラシを制作しました。レスポンスのあったお客様には定期的な情報発信を行い、より求められているニーズに合わせたコミュニケーションやサービスを提供することができます。
用語解説
GISとは
Geographic Information System の略で、地図データと統計データが融合し、視覚的に表現した、あらゆる分野から期待されている地理情報システムです。
どんなデータが抽出できるのか
● 総人口
● 男女別人口
● 年齢5階層級人口
● 世帯人数別世帯数
● 世帯種類別世帯数
● 住宅の種類
● 住宅の所有関係
● 年収別世帯数(5段階区分)など

※国勢調査データを使用しておりますので人口・世帯などについて詳細に調査されているデータですが、個人が識別される情報は公開されません。