HOME >製品とサービス >データベース自動組版システム
 自動組版・自動校閲機能を有するDBP(データベース・パブリッシング)と専門部署による人の目を使った校正・校閲を組み合わせた、佐伯印刷独自の編集技術です。この技術は、中央省庁にも高い評価を頂き、白書の受注にも繋がりました。
 行政機関の報告書を始めとして、企業の事業報告書、IR関連印刷物など精度の高さが要求される資料の制作に力を発揮いたします。
他社との違い
1.県内唯一の高性能日本語組版機を使用した高度な組版技術
2.中央省庁の校閲テストをもクリアする校閲技術
3.紙以外の媒体にも展開できるマルチメディア技術
データベース自動組版システムの特長

● 自動組版機能
作細かな編集ルールを必要とする組版に対し、人の手を介さず自動対応します。また、自動化により人為的なミスの防止につながります。
● 自動校閲機能
パソコン内部に搭載する「重要語」ファイルと原稿との比較チェックを行う自動校閲機能により万全の校正を行います。言語チェックのみではなく、同じ意味を持つ言葉について表記が異なる「表記ゆれ」、タイトル・見出し・本文等のフォントを統一する「フォント統一」も行います。

最終的には人によるチェックを行い、万全の校正を目指します。